利用する際の流れ

利用する際の流れ ファクタリングという比較的新しいお金を作る方法があり、事業者によっては欠かせない存在になっていることも珍しくはありません。
一方で給料ファクタリングのサービスを提供する会社もあり、働いている方にとっては魅力的な存在です。
給料ファクタリングを申し込むには、きちんとした会社を探すことが前提です。
悪質な会社の場合は貸金業と同様に貸し付けを行っており、法外な金利が付けられてしまう可能性も出てしまいます。
申し込みの流れは簡単で優良企業を探して社会保険証や銀行口座が分かるものをネットを介して提示するだけです。
その後は個別審査が実施されますが、既に会社員として働いていて定収入がある方は、最短で30分、遅くても当日に振り込みを行うという流れが一般的です。
メールやお電話にて申し込みすることもでき、全てをオンラインで完結させられる会社があるので来店を必要としない会社が多数あります。
借金や貸金とは異なる方法なので、カード等がブラック化している方でも問題はありません。

給料ファクタリングで債権を売却する流れについて

給料ファクタリングで債権を売却する流れについて 給料ファクタリングで債権を売却し指定口座に入金されるまでの一般的な流れとしては、まず電話やホームページの問い合わせフォームから申込を行います。
手数料や具体的な買取金額について10分ほどかけて説明がなされ、必要書類をファックスやメールで送信します。
店舗に来店して手続きを行う場合は、顔写真付きの身分証明書や保険証などの必要書類を持参してください。
二社間ファクタリングを行う場合には給料明細書や給料の振り込みが分かる通帳が必要になります。
三社間ファクタリングの場合は給料債権の譲渡承諾書を提出しなければなりません。
一般的な給料ファクタリング会社では審査から入金まで早ければ30分から1時間ほどで完了します。
インターネットから手続きを行う場合には、審査を通過したら契約書が送られてくるので承諾して手続き完了です。
契約手続きが終わったら指定した口座に現金が入金されます。
二社間の場合は利用者自身が給料を受け取ってファクタリング会社に支払いますが、三社間取引の場合は勤務先の会社が振り込んでくれるので特に何もしなくても大丈夫です。