給料ファクタリングの申し込みをする際に必要な準備

給料ファクタリングの申し込みをする際に必要な準備 ファクタリングは債権を買取るサービスのことを指しますが、この債権のひとつとして給料も対象となっており、一部の業者では個人向けの給料ファクタリングを提供しています。
給料ファクタリングの申し込みは、他の方法と同じで買取が可能か問い合わせをして必要な書類を用意するだけで、すべて電話やインターネットを通じて行うことも可能です。
一方で、ファクタリングは債権を買い取ってもらうものですから申し込みのさいには準備が必要で、書類を用意しなければなりません。
書類としては、本人確認書類のほか収入を証明するものが必要です。
あくまでも給料の範囲内での買い取りとなるため、給料ファクタリングで得られるのはその金額の範囲内になりますが、手数料のみで現金化することができるため、融資と異なって支払いが遅れても金利が積み重なっていくということもありません。
なお、電話やインターネットを通じて行うケースがほとんどですから、振り込みによる送金となるため本人名義の銀行口座を準備しておく必要があります。

給料ファクタリングの申し込み方・問い合わせ

給料ファクタリングの申し込み方・問い合わせ 会社が赤字や負債で返済できずに悩んでいて資金繰りにお困りなら、給料ファクタリング会社へまずは相談、お問い合わせして下さい。
インターネットでの登録では書類も面談も必要ありませんので、ファクタリング内容と見積もりを提示してもらうことができ、取引先など誰かに知られることもありません。
お申し込み後は自社と給料ファクタリング会社の2社間で手続きを行い、できるだけ最短で審査しますので、即日現金の調達が可能になります。
保証人や担保を必要としない資金調達も可能になります。
申し込み方法は電話や来店、インターネット、郵送などで必要書類を提出します。
資金調達の希望金額と売掛金の総額、決算書や売掛金を証明できる書類、納税証明書、会社名と電話番号などがわかると即日審査できます。
法人登記情報、債権譲渡登記情報、帝国データバンクのデーターベース照会などのチェック項目で審査します。
審査に通過できると契約に進むことができます。
契約完了後入金されます。
まずは問い合わせして相談してみることをお勧めします。