お金が振り込まれるまでの流れ

お金が振り込まれるまでの流れ 給料ファクタリングの流れは、WEBサイトからの申し込みからはじまります。
申し込みフォームに住所や氏名、勤務先などの個人情報を細かく入力し、申し込みを行います。
次に行うのがヒアリングの電話です。
ファクタリング業者から電話がかかってくるので、ファクタリングを利用する目的や勤め先、家族の連絡先などを教えます。
ヒアリングを行うと、審査の必要書類についてメールが届くので、運転免許証や保険証、給与明細や公共料金の明細書など写真ファイルでメールに添付して返信します。
審査に通過すると銀行口座にお金が振り込まれるので、資金を手にすることができます。
振込される金額は、ファクタリングの希望額から手数料が引かれた金額です。
給料ファクタリングの手数料は10%が相場なので、5万円分もうしこんだとしても4万5千円しか受け取ることができません。
給料日になったらファクタリングした金額を返済します。
返済日は基本的に給料日なので、その日の内に振り込む必要があります。

給料ファクタリングで入金されるまでの流れ

給料ファクタリングで入金されるまでの流れ 一般的な給料ファクタリング会社で指定した口座に入金されるまでの流れとしては、まず電話や公式サイトの問い合わせフォームから申込を行います。
日本全国を対象に営業している信頼性の高い会社の場合、来店不要で申込から契約までを行うことが可能です。
申込をすると給料ファクタリングの手数料や買取金額などの簡単な説明があります。
必要書類をファックスやメールで送信したら、勤務先に関する審査が行われます。
審査を通過したら送られてきた契約書に承諾して手続きは完了です。
その後給料ファクタリング会社から指定口座に入金があります。
申込に必要な書類は顔写真付きの身分証明書や保険証、二社間の場合は給与明細書や給料の振り込み記載がある通帳です。
三社間の場合は給料債権の譲渡承諾書が必要になります。
二社間の場合は勤務先から給料が支給されたら給料ファクタリング会社の口座に自分で振り込みますが、三社間の場合は勤務先が直接振り込んでくれます。