よくある給料ファクタリングの申し込み

よくある給料ファクタリングの申し込み 給料ファクタリングの申し込みに必要な書類は、顔写真付の身分証明書・保険証・給料明細などです。
給料が支給されている口座の通帳のコピーも必要になることがあります。
ネットバンクなら入出金明細のページのスクリーンショットでも可能です。
入出金明細のページでは消費者金融などからの借金もチェックされていますので、他社からの借金がある場合には注意しましょう。
給料ファクタリングでは2社間と3社間がありますが、3社間はほとんど行われておらず、主に2社間の契約です。
3社間契約では勤務先会社の同意が必要ですが、2社間では勤務先の会社の同意は必要なく、バレずに利用できます。
来店不要でネット申し込みができる給料ファクタリングが多いです。
初回の契約では、5万円程度が上限になるそうです。
手数料が20%程度引かれるので、口座に振り込まれるのは5万円契約の場合、4万円程度となります。
消費者金融カードローンの利息よりもはるかに高い手数料なので、注意が必要です。
「その実態は闇金業者」という声もあるので、しっかりと調査してから利用してください。

給料ファクタリングの申し込み書類を記入する際の注意

給料ファクタリングの申し込み書類を記入する際の注意 給料ファクタリングを利用する際には、その申し込み書類を記入する際に十分に確認をすることが必要です。
基本的には給料日や毎月の収入等の情報を記載することになり、さらに職場の連絡先や自分自身の電話番号なども全て記載することになるため、これらの個人情報を公開することになります。
基本的にお金を一時的にせよ借りることになるので、これらの情報を記入する際には相手の給料ファクタリング会社が信頼できる所であることを確認することが必要です。
給料ファクタリングは企業などが利用する売掛金を利用したファクタリングと同じような意味合いと考える人は多いのですが、実際には給料日までの融資であると考えて差し支えありません。
そのため事実上の借金と言うことになり、基本的には一定の審査が行われるものとなっています。
また、給料ファクタリングにはその名前を語った闇金が紛れ込んでいる場合もあるため、この場合には様々な個人情報を知られてしまうとトラブルが発生する恐れも少なくありません。